飛騨の匠大工 やまけん建築の仕事記事を中心に新築・リフォーム情報をお届け

【新築】ちょっと変わった建材「クリの木」

蒸し暑い日が続きますね。
2ヶ月くらい前に、ちょっと変わったものを挽いてもらいました。クリの木です。両方にミミ(皮の部分)が付いていて5寸(15cm)~8寸(24cm)くらいの幅の板材です。急激に乾燥させると割れたり、飛騨のお菓子のこくせんの様にねじねじになってしまうので、半年以上かけてじっくり乾かします。どの様に使うかは、またのお楽しみにします。
こういう準備に協力してくれる、製材所のみなさんに感謝です。みんなの力を借りて、着々と新築の準備が進んでいます。暑い日が続きますが、頑張りましょう。

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ