飛騨の匠大工 やまけん建築の仕事記事を中心に新築・リフォーム情報をお届け

手仕事でコツコツと。

久しぶりの投稿になります。ご無沙汰で、すみません。築160年の住宅の移築工事の、修理作業です。古い木材は、表面は黒くてボロボロになってますが、少し削ったりすると いっぺんに生き返ります。木ってスゴいなぁ。雨漏りの被害で 棟桁が腐ってしまっていたので、その箇所を切り取り 新しい木で補修しました。こういった修理を何ヵ所も行い、家一軒を復活させます。まだまだ手間がかかりますが、根気よくがんばります。もう少ししたら、どこに建てるか発表出来ます。お楽しみに。

 

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ