飛騨の匠大工 やまけん建築の仕事記事を中心に新築・リフォーム情報をお届け

何事も基礎が大事です。

 

お客さんと決めて来た間取りを、設計士さんにお願いして確認申請を出してもらい、役所より下りてきました。そして、基礎工事へ着工です。手前に見えているのが丁張りといって、建物の大きさや高さを正確に出すための物です。これが、全ての基準になります。石がたくさん混じっていて、いい地盤です。基礎屋さんは、西野さんです。暑くても雨でも大変な仕事ですが、よろしくお願いします。

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ