飛騨の匠大工 やまけん建築の仕事記事を中心に新築・リフォーム情報をお届け

木製名刺入れ

久しぶりに作ってみました。

今回の木地名は、欅(ケヤキ) 一位(イチイ) 胡桃(クルミ)。そして、槐(エンジュ)。珍しいですよね。

槐、漢字としては鬼が付くので怖そうにみえますが、花言葉が幸福!昔から魔除けや鬼門除け。それに、読み方から『延寿』と書くことも。

なぜ、こんな木を持っているかというと、以前ブログにも書いた新築の現場で古材を再利用したときの材料です。玄関の上框と、仏間の段縁に使って加工のしやすさと削りやすさを実感していました。

この槐の名刺入れは、もちろんこの家の方へのプレゼントです。幸福、魔除けと聞くと誰でも欲しくなりますよね。それを、持ち歩けたら尚さらいい感じ。

槐の木なんて、山から切り出されることあるんだろうか?!

写真の左側に映っている欅。下の方に穴が開いてるのわかりますか?加工をしていると、木取りの関係でどうしても穴が入ってしまって、商品にはならないと思いながら、眺めていましたが🤔

穴付きかぁ。 逆に面白いかも。

そう思い、作ってみたら有りかもしれませんね。でも、自分用かな😅

1個作るのに、3日くらいかかるので大量生産は無理ですが、就職祝いやプレゼントに使っています。

趣味で作って、もらってくれる人が喜んでくれたらなによりです✌️

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

現在コメントは受け付けていません。